相続税の申告と納付期限はしっかり守ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相続税には申告と納税に対する期限があります。

それを守らないと場合によっては法に抵触・条例などに違反をしたとみなされることもありますので必ず知っておきたい部分ともいえるでしょう。

そして、期限の詳細について確認することが大切です。

相続税の申告と納税について

相続税の申告と納税の期限に関するガイドラインですが、被相続人が死亡ことを「知った日」の翌日から10か月以内がその期限となっています。

知った日という言葉の意味ですが、大半の場合は死亡当日でしょう。

ただ、必ずしもそうでないケースもありますのでこのような表現になっているのです。

また、相続人が数名いるという場合は双方が知るタイミングが異なるということも十分に考えられます。

このような場合、それぞれに対した申告と納税期限になりますのでご注意いただきたいと思います。

また、例えば10カ月後が祝日や土曜日、日曜日もしくは年末年始など税務署が休日になっている場合は期限が翌日となります。

申告期限に間に合わないという場合について

原則として、この10か月という期限を守っていただく形となります。

ただ、中には分割の話し合いがまとまらなかったり資産の把握がしきれていないなどというケースも考えられるでしょう。

もしも、期限までに間に合わないという場合でも相続税の申告は必ず行いましょう。

「決まっていない」という場合においても仮の数字でよいので申告と納付を行うという必要性があるのです。

その後に正式な数字が決まりましたら「訂正」という形で再び申告をしていただきます。

多めに先に納付してしまったという際には還付請求手続きもできますのでご安心ください。

申告納付をしなかったらどうなるのか

申告や納付を行わなかったという場合には、延滞税というものがかかってきます。

相続人の負担が大きくなってしまいますので必ず申告と納付は10か月以内に行うようにしましょう。

自ら申告手続きを行う上において仕事の都合などでなかなか進まないという場合には税理士に早い段階で依頼をしていただくのがスムーズでしょう。

天災の被害などによって申告と納付ができない状況に陥ってしまったという特例に関しては、申請していただくことによりこの期限内と定めないという方法もあります。

まとめ

相続税の申告と納付は必ず守りたいことです。
金額ばかりではなくその期限についても必ず忘れないように早めに申告納付をしていただきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。