相続登記を自分でするとかかる費用はどのくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

不動産調査のための費用

不動産を相続すると、まずはその評価額の調査や事実確認をする必要があります。

調査にかかる費用は、登記事項証明書の取得費用、名寄帳の取得費用、固定資産評価証明書の取得費用です。

登記事項証明書とは、相続した不動産に共有者がいないか、不動産に抵当権などが付けられていないかということを調査するためのものです。

法務局にて600円ほどで取得できます。名寄帳とは、被相続人が所有していた不動産の一覧が書いてある表のことです。

名寄帳を見ることで、相続する不動産の数があっているかなどの確認をすることができます。

無料で取得できる市町村と、300円ほどかかる市町村があります。

固定資産評価証明書は、相続した不動産の評価額を見ることができる書類です。

取得には数百円かかります。以上の書類をそろえると、1500円ほどの費用がかかります。

書類集めの費用

提出しなければならない書類を集めるときにもかかる費用があります。

相続登記を行うにはまず、相続人の戸籍謄本、印鑑証明書、住民票が必要です。

そしてさらに、亡くなった人の戸籍謄本、住民票の写しが必要です。

戸籍謄本を取得するには450円から700円かかります。

また、印鑑証明書や住民票の写しを取得するには200円から400円かかります。

そして、相続人が複数人いる場合は全員分の書類が必要です。

さらに、相続する不動産の情報を書くために登記簿謄本を入手する必要があります。

この費用は480円から600円です。そのため、必要書類を集めるだけでも5000円ほどの費用がかかります。

相続する不動産が多い場合や、1人で相続する場合にはさらに負担が大きくなる可能性もあるため、事前に計算しておきましょう。

登録免許税

相続登記を申請するときには、税金がかかります。

登録免許税というものです。
この税金の金額は固定ではないため、計算する必要があります。
計算方法は、固定資産評価額×0.004です。

たとえば、評価額が5000万円の不動産の場合、登録免許税は5000万円×0.004で20万円ということになります。

ただし、このときの固定資産評価額は申請する年度のものです。前年度の評価額で計算しないように注意しましょう。

まとめ

相続登記の準備には時間と費用がかかります。

市役所などで書類を入手するため平日に時間があることが必要です。

そのため、仕事などが忙しい人にとっては大変な作業でしょう。

しかし、自分だけで行うことで司法書士への報酬を払う必要がなくなるため、節約になるというメリットがあります。

自力で行う場合は余裕を持って準備しましょう。

2020年現在

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。