相続登記を司法書士に依頼したときの相場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

なぜ相続登記を司法書士に依頼するのか

相続登記は、法務局へ行くと自分ですることができます。

しかし、相続登記をするためにはさまざまな人の住民票や戸籍謄本などの書類を集める必要があります。

また、固定資産評価証明書や遺産分割協議書などの事務的な書類も必要です。

それらの書類は市役所などの公的機関で取得するため、基本的には平日に時間をつくらなくてはいけません。

司法書士に依頼すると、ほとんどの作業を代わりに行ってもらえるため、手間や時間を削減することができます。

一般的な相場

相続登記を司法書士に依頼したときの報酬の相場は、6万円から10万円です。

しかし、報酬額は不動産の評価額や数、相続人の人数などによって変わります。

そのため、3万円程度ですむ場合や、10万円以上かかる場合もあります。

司法書士に依頼をする範囲

司法書士に依頼する業務の範囲によっても、報酬額の相場は変わります。

たとえば、自分でもできる書類集めは自力で行って、不動産の調査は依頼するといった工夫をすると節約をすることができます。

不動産の調査とは、不動産の評価がどのくらいかということを調べる作業です。

このような、作業は司法書士に依頼することで時間の削減になることが多いです。

それ以外にも、さらに複雑な作業があります。

たとえば、換価分割などの複雑な遺産分割です。

換価分割とは、遺産を売却することで発生した金銭を相続人のあいだで分ける相続方法です。

このような相続方法には特別な知識が必要であるため、司法書士に依頼するとスムーズに進みます。

その場合、報酬金額は相場よりも上がります。

見積書のチェックが大切

司法書士に依頼することを決めたら、見積書を作成してもらいます。

見積書にはさまざまな金額が書いてありますが、注目すべきは「報酬額」と「種別」という欄です。

報酬額の欄には、各業務にかかる具体的な報酬金額が書かれています。

種別の欄には、「戸籍収集」や「遺産分割協議書作成」などの業務名が書かれています。

報酬額と種別の欄を見て、どの作業を依頼すればどのくらいの報酬を払わなければならないのかということを詳しく確認する必要があります。

まとめ

相続登記を司法書士に依頼した場合の報酬の相場は、6万円から10万円です。

しかし、依頼する業務を工夫すると、相場よりも報酬費用をおさえることができます。

必要な書類の情報を事前に集めたり、さまざまな司法書士に見積書を作成してもらったりしましょう。
2020年現在

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。