相続登記に必要な書類一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

共通して必要な人に関する書類

相続登記を行うときには、さまざまな書類を用意する必要があります。

必要な書類は、相続方法によって変わります。ですが、どの相続方法でも共通して必要な書類もいくつかあります。

まず人に関する必要書類は、被相続人の住民票除票もしくは戸籍の附票、被相続人が生まれてから死亡するまでの全ての戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、実際に相続する者の住民票です。

被相続人の住民票除票とは、被相続人が死亡したことを証明するための書類です。

被相続人が最後に住んでいた場所の役所で取得することができます。被相続人の全ての戸籍謄本は、相続人との関係を確認し相続人を確定させる書類であり、被相続人の本籍地の役所で取得できます。

ですが、婚姻や転籍がある場合さかのぼって取得する必要があります。

相続人全員の戸籍謄本は、相続人であることの確認と生存を確認するための書類です。

各相続人の本籍地で取得できます。

相続する者の住民票は、住所を確定させるためのものであり、相続する者が住んでいる場所の役所で取得できます。

共通して必要なその他の書類

どの相続方法でも必要なその他の書類は、固定資産評価証明書、相続登記申請書、登記簿謄本です。

固定資産評価証明書は、相続する不動産の登録免許税を計算するために必要な書類です。

役所で取得できます。相続登記申請書は登記する目的や日付などを書く書類で、法務局のホームページから入手できます。

登記簿謄本は相続する不動産を特定するもので、法務局で取得することができます。

相続方法によって異なる必要書類

まず、遺言書による相続の場合、遺言書の原本を提出します。

原本を手元に残したい場合は、コピーしたものをいっしょに提出します。

ただし、自筆証書遺言など、公正証書遺言以外の場合は事前に裁判所によって検認してもらう必要があります。

次に、遺産分割協議によって相続する場合です。

この場合、相続人全員が押印した遺産分割協議書、相続人全員分の印鑑証明書が必要です。

相続人全員で話し合い、相続する者を決定したということを示すことが重要です。

まとめ

相続登記に必要な書類は場合によって異なります。

また、市町村や管轄の法務局によっても異なる場合があります。

取得したものを提出しなければならない書類と、書類作成のために入手する必要がある書類もあります。

ややこしいため自分で一覧表を作り、書類集めをする前に必ず相続方法や相続人の確認を行うとよいでしょう。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。