相続登記

法務局での相続登記に必要な書類

登記とは、権利関係や所有者を明らかにする為に設けられている制度のことを指しています。

不動産登記の他、法人登記や商業登記などがあります。相続などで土地を入手した時に、持ち主が誰であるのかということをはっきりさせることを目的としています。

続きを読む

相続登記を司法書士に頼むとかかる費用

相続登記の手続きは個人で申請可能ですが、十分な知識がない場合は司法書士にお願いするという人も多くいます。司法書士に相続登記の申請手続きをお願いした場合の一般的な報酬相場は約6万円から9万円です。

地域や不動産の数、評価額などによって報酬額に多少の差はありますが、一般的な報酬相場は約6万円から9万円です。相続登記の申請に加えて遺産分割協議書の作成や不動産の調査をお願いした場合は、報酬が上がり9万円から15万円程度の予算が必要となります。

続きを読む

相続登記に必要な書類とは?

一般的な遺産相続には、亡くなられた「被相続人」の書類と、遺された「相続人」に必要な書類があります。ここでは、相続登記でよくある疑問に対する答えを詳しく解説していきます。
続きを読む

相続登記の申請書の書き方

相続登記には、法律で定められた用紙が用意されているわけではありません。
しかし、指定の様式で準備する必要があり、何もかも自由に書き進めれば良いわけではないのです。
続きを読む

相続登記は2020年に義務化される見通し

土地や不動産の所有者が亡くなった際、土地や不動産の登記名義を相続人へ変更するのが「相続登記」です。
2019年時点で相続登記は義務化されていません。しかし、2020年以降は相続登記が義務化される予定です。
続きを読む

相続登記を依頼するには委任状が必要

土地所有者が亡くなった時にしておくべき相続登記手続き。
残された土地や不動産を引き継ぐにせよ、売却や担保に出すにせよ、相続登記の手続きが必要です。
しかし、様々な理由で相続登記手続きが進められないケースもあります。遠方に住んでいるため全員で相続登記に行けない方や、仕事が多忙で手続きに行けない方、あるいは「専門知識がなく不安なのでどうしたら良いか分からない」という方もいるでしょう。
本人が相続登記に行けない場合、「相続登記の委任状」を用意することで本人以外の家族や司法書士などの専門家へと手続きを依頼できます。
続きを読む

自分でできる相続登記〜注意点を理解して遂行しよう〜

相続登記は、司法書士に依頼して確実に遂行するのが一般的と思われていますが、実はあなた自身の手で登記を完了することができます。自分自身が手続きを完了することで、本来必要であった司法書士への依頼料・作業料を節約でき、相続した遺産の目減りも防げるのです。
自分でできる相続登記に潜む注意点を理解して、確実な登記で余分な出費を抑えましょう。
続きを読む