相続税

相続税と贈与税の違いとは?どちらを納めるのが得なのか

相続税は、亡くなった人の財産(遺産)を受け継ぐ場合にかかる税金です。

対して贈与税は、生きている人から無償で財産を譲り受けた場合にかかる税金です。

つまり、親が亡くなった場合に、民法で定められた金額分の遺産を受け継いだ場合にかかるのが相続税、存命の親から土地や建物を無償で譲り受けた場合にかかるのが贈与税です。

それぞれに控除制度や税率が異なります。

続きを読む

相続放棄をしても死亡保険金はもらえる?相続税は?

相続放棄をすると、亡くなった人(被相続人)の遺産を一切受け継がないことになります。
ただし、死亡保険金は被相続人の遺産ではなく、保険金の受取人の固有資産であると扱われます。

例えば、配偶者が保険金の受取人として指定されていた場合、死亡保険金は配偶者の固有資産となるのです。
そのため、相続放棄の手続きを終えた後であっても、死亡保険金を受け取ることができます。

続きを読む

自分で遺産の相続手続きをする大変さ

自分だけで遺産相続の手続きは大変です。

突然相続が発生したので速やかに遺産の相続手続きを済ませたいが、司法書士や弁護士に依頼するお金はない…。少しでも費用を節約する為に自分で遺産の相続手続きをしようと考える人がいるかもしれません。

続きを読む

相続税を減額できる「障害者控除」とは

遺産を取得した際に発生する相続税は、その条件に応じて税額を軽減することが出来ます。障害者が法定相続人であった場合、「障碍者控除」を適用することが出来ます。

相続税における障害者控除とは、納税する者が障害者である場合に適用される控除のことです。この障害者控除について、説明します。
続きを読む

相続税における「2割加算」とは

遺産相続において被相続人の一親等と配偶者以外の人が相続した場合、その相続税額を2割加算して納税しなければなりません。

相続税の2割加算とは、具体的にはどのようなものか説明します。
続きを読む

相続税申告の書類には何が必要か

相続税の申告には相続税申告書の提出が必要です。ですが、その書類だけでは申告することは出来ません。状況に応じて必要な書類は異なります。ここでは、一般的な家庭での相続税申告に必要な書類を説明します。
続きを読む