相続税が発生するかも知れない〜早見表で現状把握〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相続税の発生には条件があります。
遺産の全てに相続税が発生するわけではなく、相続財産の合計金額が基礎控除額を上回った場合に【課税対象額】となります。課税対象額の金額によっても、相続税額は細分化されています。

あなたが支払うべき相続税はいくらなのか。いくら相続すると、どれだけの相続税が発生するのかを把握し、しっかりと納税するよう心掛けてください。

相続税早見表

基礎控除額を上回る相続財産がある場合、課税対象額によって【税率】が変わります。そのため、支払う相続税も一定ではありません。

また課税対象額には基礎控除と別に【控除額】が設定されており、相続税が発生しても全て指定の税率で全額を支払う必要はありません。以下の表でまとめたように、救済措置がしっかりと用意されていることを確認しておきましょう。

課税対象額 税率 控除額
1,000万円以下 10% なし
1,000〜3,000万円 15% 50万円
3,000〜5,000万円 20% 200万円
5,000〜1億円 30% 700万円
1億〜2億円 40% 1,700万円
2億〜3億円 45% 2,700万円
3億〜6億円 50% 4,200万円
6億円以上 55% 7,200万円

具体例

課税対象額 相続税 納税額
500万円 50万円 50万円
1,500万円 225万円 175万円
4,000万円 800万円 600万円
8,000万円 2,400万円 1,700万円
1億5,000万円 6,000万円 4,300万円
2億5,000万円 1億1,250万円 8,550万円
5億円 2億5,000万円 2億800万円
10億円 5億5,000万円 4億7,800万円

実際どのように相続税は発生する?

基礎控除額の最小額は、法定相続人1名のみの場合で【3,600万円】です。
つまり、相続財産が3,600万円以上の場合に相続税が発生するということになります。

基礎控除額は、法定相続人が増えるほど【600万円ずつ】増額されていきます。
配偶者+他の法定相続人が10名、総勢11名の相続人がいる場合、基礎控除額は【9,600万円】となります。

相続財産が1億円近くないと、相続税が発生しないということになります。つまり、相続税の発生は【法定相続人の人数】が大きな鍵となり、その人数を基準とする【基礎控除額】によって左右されることになります。

相続財産が1億円あった場合でも、上記条件であれば課税対象額は【400万円】となり、控除はなくとも納税すべき相続税は【40万円】だけになるのです。
もし相続人が1名しか存在しない場合、課税対象額は【6,400万円】にも上り、その際の税率は【30%】つまり【1,220万円】もの納税義務が発生するのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。