相続税申告の書類には何が必要か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相続税の申告には相続税申告書の提出が必要です。ですが、その書類だけでは申告することは出来ません。状況に応じて必要な書類は異なります。ここでは、一般的な家庭での相続税申告に必要な書類を説明します。

相続税申告に必要な書類とは

相続税申告書の他に、相続人が被相続人との関係を証明する書類が必要です。

また、特別控除などの減額を受ける際に添付する書類があります。主な書類には、相続税の総額の計算書相続税の加算金額の計算書があります。相続税の申告書についても各々付表が必要な場合がありますが、自身に必要な書類かどうかを確認する必要があります。

また他に、遺言書(ある場合)や遺産分割協議書、死因贈与がある場合(贈与者の死亡によって生ずる贈与)は贈与契約書を提出します。

被相続人と相続人についての相続税申告に必要な書類

被相続人が以前に遺産取得をしていた場合は、その過去の相続税申告書の控えが必要となります。被相続人が確定申告をしていた場合にも、確定申告書の控えが要ります。

相続人について、過去に遡って3年以内に贈与を受けている人は、2暦年分の贈与税控除額の計算書の提出が必要です。法定相続人に配偶者がいる場合は税額軽減額の計算書、未成年者と障害者にはそれぞれ未成年者控除額と障害者控除額の計算書を添付します。

印鑑証明書においては、相続人全員の証明書が必要となります。特例を受ける場合は住民票を取っておきます。また、戸籍謄本や除籍謄本、改製原戸籍を取っておくことで、法定相続人の人数が確認出来ます。

相続税申告書類等が不必要な場合

相続が発生しても、上記にあげた書類を提出しなくても良い場合があります。遺産総額が基礎控除額を超えない場合の申告は不要です。遺産総額とは、被相続人の金銭的価値があるもの全ての額のことです。

基礎控除は「定額3000万円+600万円に法定相続人の人数」(平成25年度税制改正)で計算します。未成年控除や障碍者控除をすることで遺産総額が基礎控除額を下回る場合の申告は不要で必要な書類もありません。

まとめ

このように、状況に応じて相続税申告をしなくてよい場合と、遺産総額が基礎控除額よりも下回る場合でも書類が必要な場合があります。配偶者の税額軽減の制度を使って遺産総額が基礎控除額より低くなる場合でも書類が必要です。

特例を受ける場合でも、注意が要ります。相続税に関してはたくさんの関連書類や添付書類があります。その中で必要な書類が何であるのか、予め確認が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。