相続税と贈与税の違いとは?どちらを納めるのが得なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

相続税は、亡くなった人の財産(遺産)を受け継ぐ場合にかかる税金です。

対して贈与税は、生きている人から無償で財産を譲り受けた場合にかかる税金です。

つまり、親が亡くなった場合に、民法で定められた金額分の遺産を受け継いだ場合にかかるのが相続税、存命の親から土地や建物を無償で譲り受けた場合にかかるのが贈与税です。

それぞれに控除制度や税率が異なります。

相続税の控除制度や税率は?配偶者は税金負担がないのか

相続税には以下のような控除制度があります。

基礎控除
配偶者の税額の軽減
未成年者の税額控除
障害者の税額控除

などがあります。

上記のうち、基礎控除は全員が受けられる控除で、控除金額は「3,000万円+600万円×法定相続人の数」となります。

また、配偶者の場合は、法定相続続分については全額控除の対象となるため、相続税の税金負担はありません。

法定相続分を超えて財産を受け継ぐ場合であっても、1億6,000万円を超えない金額であれば相続税の負担はありません。

ちなみに、相続税の税率は10%~55%であり、課税対象となる金額によって異なります。

贈与税の控除制度や税率は?

贈与税の基礎控除金額は、1年間で110万円です。

110万円を超える財産を無償で譲り受けた場合には、贈与税の支払い義務が生じます。

ただし、贈与税については非課税となる特例がいくつかあります。

例えば、夫婦間で不動産を譲渡した場合や、親が子供の結婚・子育て資金を援助した場合には、一定の金額まで贈与税が非課税となります。

ちなみに、贈与税の税率は10%~55%となっていて、譲渡される財産から基礎控除を引いた金額に応じて課税されます。

【まとめ】相続税と贈与税はどちらが得なのか?

相続税と贈与税はいずれも税率が高く、できる限り負担を減らすためには控除制度や特例制度を正しく理解する必要があります。

例えば、夫婦間で財産を譲渡する場合には、「配偶者の税額の軽減」の適用により、贈与税よりも相続税の方が得になるでしょう。

また、「子供たちが孫を育てる資金」を貯蓄している場合には、生きている間に生前贈与をすることで子供の税金負担を減らすことができます。

相続税と贈与税の控除制度や特例制度は、国税局のホームページなどで確認することができます。

年度に応じて制度が改正されることもあるので、生前贈与を行う場合にはあらかじめ最新の情報を確認することをおすすめします。

子供や孫に財産を譲渡する場合、親から財産を受け継ぐ場合には、税制度の理解が重要です。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。