相続放棄をしても死亡保険金はもらえる?相続税は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

相続放棄をすると、亡くなった人(被相続人)の遺産を一切受け継がないことになります。
ただし、死亡保険金は被相続人の遺産ではなく、保険金の受取人の固有資産であると扱われます。

例えば、配偶者が保険金の受取人として指定されていた場合、死亡保険金は配偶者の固有資産となるのです。
そのため、相続放棄の手続きを終えた後であっても、死亡保険金を受け取ることができます。

死亡保険金は、「みなし財産」として相続税の課税対象となる

被相続人が亡くなった場合に支払われる死亡保険金は、受取人の固有財産として扱われます。

とはいえ、死亡保険金は被相続人が亡くなったことにより発生した財産であるため、法律上は「みなし相続財産」となり相続税の課税対象となります。

ただし、相続放棄をした場合には相続人でなくなるため、1人あたり500万円の控除が受けられる「死亡保険金の非課税制度」を利用することはできません

基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人)のみの適用となるため、死亡保険金の額がそれを超える場合には相続税の支払いが必要です。

死亡保険金を受け取った後でも相続放棄はできるのか

相続放棄の手続きを行っていても、死亡保険金の受け取りはできます。また、死亡保険金を受け取った後であっても、相続放棄をすることは可能です。

例外として、死亡保険金の受取人が被相続人本人に指定されていた場合は、遺産を受け継いだことになるため、相続放棄はできません。

死亡保険金の受取人が配偶者やその他の人に指定されていた場合や、法定相続人に相続することになっていた場合には、保険金の受け取りの後であっても相続放棄することができます。

ただし、基礎控除額以上の死亡保険金を受け取っていた場合には、非課税枠が適用されなくなり、追加課税されます。

まとめ

相続放棄をした場合であっても、被相続人本人が受取人として指定されていた場合を除き、生命保険の死亡保険金を受け取ることは可能です。

ただし、死亡保険金についてはみなし相続財産となり、相続税の課税対象となります。もらえる保険金額が基礎控除額を上回る場合には、相続税の支払い義務が生じるので注意が必要です。

また、既に死亡保険金を受け取った後であっても、他の遺産に手を付けていない場合には、相続放棄の手続きをすることができます。

遺産の調査を行い、マイナスの額が大きい場合には、保険金受取後であっても、相続放棄を行う方がよいでしょう。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。