自分で遺産の相続手続きをする大変さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

自分だけで遺産相続の手続きは大変です。

突然相続が発生したので速やかに遺産の相続手続きを済ませたいが、司法書士や弁護士に依頼するお金はない…。少しでも費用を節約する為に自分で遺産の相続手続きをしようと考える人がいるかもしれません。

遺産相続の手続きはやることが多い

遺産の相続手続きは基本的には自分で行っても問題はないのですが、手続きとして行う作業がとても多いです。役所で戸籍や住民票などを取得したり、法務局に書類を提出したりと平日でないとできないこともあります。

遺産相続の手続きを自分で行うメリットとデメリットについてご紹介します。

遺産相続の手続きを自分で行うメリット

遺産相続の手続きを自分で行う最大のメリットは、費用を削減できる点です。司法書士や弁護士に依頼するとなると、必ず依頼した人物への報酬として費用が発生します。

遺産相続の手続きを自分で行うと、それらの費用を節約できます。相続登記の手続きのみを司法書士に依頼した場合の相場は、約6万円から9万円です。

相続税の申告などを含め遺産相続に関する全ての手続きを弁護士に依頼した場合の報酬の相場は約10万~30万円となっています。この金額を見ると少しでも費用を節約したいと思ってしまうのではないでしょうか。

時には専門的な知識が必要となってしまう場面がありますが、戸籍や住民票などの書類の収集は特別な資格がなくても自分1人で行えます。手続きに費やす時間があるのであれば、書類収集だけでも自分で行うと依頼費用を節約できます。

遺産相続の手続きを自分で行うデメリット

相続手続きを自分で行う場合に特に気を付けたいのが、相続税の申告手続きです。

相続税の申告も自分で行えるのですが、ミスや申告漏れがあった場合、ペナルティとして追加で税金の支払いを請求されてしまいます。

相続税の申告書には税理士が署名する欄が用意されています。自分で相続税の申告書を記入した場合、署名欄が空欄の状態で提出することになります。

税理士に依頼せずに相続税の申告書を記入したことが誰が見ても明確にわかる為、確認の為税務調査が入る場合があります。相続する不動産が複数ある場合や遺産総額が高額である場合は、申告の難易度が高くなります。

複雑な遺産相続をした場合は、相続税の申告だけでもプロに任せるのがおすすめです。

このようなサービスを使って、相続に強い税理士に無料相談できます

まとめ

自分で行う遺産相続の手続きにはメリット・デメリットが両方ありますが、自分で手続きを行うと確実に費用の節約に繋がります。

書類の収集など簡単な作業もあるので、部分的に自分で手続きを行ってみるのもおすすめです。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。