相続税を延滞してしまった場合について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

税金は期限内に納めないと延滞税というものがかかります。

それはどのようなものでも該当することです。ですので相続税においてもかかってきます。

くれぐれも延滞することは無いようにしたいものですが、知識として延滞税の計算方法を知ることも大切です。

延滞税について

相続税の納付期限までに納めなかったという場合には「延滞税」というものがかかります。

納付期限は申告期限と同様で相続の開始から10カ月後までとなっています。

申告だけは済ませていたけれど納税が間に合わなかったという場合におきましても延滞税がかかることとなりますのでご注意いただきたいと思います。

そして、延滞税はいったいいくらかかるのか?という部分も気になる点でしょう。

計算式ですが「年利」というものが加算されると考えていただくとわかりやすいでしょう。

年利ですが、2カ月以内と以上によって大きな差が出てきます。

年利のパーセンテージはその年の「銀行の新規短期貸出約定平均年利」という指標に連動していますので毎年変わってきます。

計算式を詳しくみてみよう

年利は変動するものであるものの、計算式というものは当然ながら存在しています。

延滞税の計算式は「納付していなかった相続税の金額×延滞税の利率×日数」というものになっています。

全金額の半分は期限内に支払っていたというケースは残りの半分の相続税に対して延滞金がかかります。

やむを得ない事由がある場合について

原則として、相続税を延滞してしまうと延滞税がかかります。

しかし救済措置がゼロというわけではないのです。やむを得ない事由があるということが前提となりますがこれに該当する場合には「免除」の可能性もあるのです。

その事由についてですが、「国税通則法」というものに基づいて次のように定められています。

「人為による異常な災害または自己を原因とした次のいずれかの結果が生じたこと」「人為による異常な災害または事故が生じたことについて、納税者の意志に基づかないことが客観的にはっきりしており、納税者は責任を負わないこと」というものです。

少しわかりにくいかもしれません。簡単に言えば天災などの被害にあってしまって納付したくても出来なかったという特別な事情が生まれてしまったという場合になります。

このケースに該当するということは稀ともいえるでしょう。

延滞税について

相続税の支払いに関し、こうしたことがないようにしっかりと税金は納めることは大前提です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。