公正証書遺言を作成する流れ…自分で作る自筆証書遺言との違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺言書には3つの形態がありますが、もっともかんたんに作れるのが自分で書く自筆証書遺言で、もっとも有効性を高められるのが公正証書遺言です。それぞれの遺言書の違いと、公正証書遺言を作るときの大まかな流れを知っておきましょう。

公正証書遺言と自筆証書遺言の違い

公正証書遺言と自筆証書遺言の大きな違いは、遺言書を公証人に作ってもらうか、すべて自分で作るかという点です。

公正証書遺言は、証人立ち会いのもとで遺言者による遺言を公証人がまとめ、遺言者に代わって遺言書を作成します。一方、自筆証書遺言はすべてを自分の手で書き上げなければなりません。

公証人は元弁護士など法律の実務に関わってきた人ばかりなので、法的に有効な遺言書作りができます。

自分で公正証書遺言の手続きをする流れ

公正証書遺言を作成するには、まず公証役場で公証人に依頼する必要があります。

公証役場は全国にあるため、行きやすい場所にある公証役場を選びましょう。どうしても行けないという場合は、公証人に出張してもらえるサービスもあります。

まずは公証役場で事前相談の予約をおこないます。いきなり行って対応してもらえることもありますが、都合のよい日時にあわせて予約をしておくと便利です。

事前相談では、遺言書を作りたいことを伝え、どのような財産を誰に相続・遺贈したいのかなどを話します。そのため、相談前にある程度相続について自分でどうしたいかをメモなどでまとめておきましょう。

ここで遺言書を作るのに必要な書類についても確認しておき、実際に作成するまでに用意しておきます。

公正証書遺言の作成には2人の証人が必要

遺言書を作成する当日には、遺言内容に対して利害関係のない証人が2人必要です。

たとえば、相続する権利がなく遺贈する予定もない友人で、立ち会ってくれる人がいればお願いするとよいでしょう。

遺言書について友人などに知られたくないという場合は、公証役場から有料で証人を紹介してもらうこともできます。

遺言の内容を伝えたら、公証人が遺言書を作成してくれるので改めて内容を確認し、最後は証人と署名・捺印すれば公正証書遺言の完成です。手数料はその場で支払います。

まとめ

公正証書遺言は、自分ですべてを書く自筆証書遺言よりも有効性が高いことがメリットです。

公証役場で事前相談をして遺言の内容をまとめ、必要な書類を用意したら、作成当日は2人の証人と共に遺言書を作成します。自分でおこなう手続きもかんたんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。